私の悩みの種

私が悩んでいること。

rainbow

足にかく汗と脱毛

暑い暑い!!私はだいぶんの汗っかきで絶対にハンドタオルは必要。もうすでにクーラーガンガンで生活をしています。しかし、職場のクーラーの設定温度が高くてめちゃくちゃ暑い!!靴の中なんて蒸れて蒸れて・・・靴が臭い!!パンプスを履いているのですが、通気性が悪いためパンプスが臭い!!※臭いパンプス

絶対に人前はパンプスを脱ぐことはないですね(笑)仕事が終わったらそそくさと帰宅をして靴に消臭剤を入れて、すぐに風呂場にいって足を洗います。それが終わるとやっと落ち着く感じ。プライベートで遊びに行くときは絶対通気性のよいものしかこの時期ははかないようにしています。どこで靴を脱ぐことになるか分かりませんからね(^_-)

そしてもうひとつ。私が脱毛をしたいと思っているのは、やっぱり脇が一番だと思っています。
それは脇を脱毛することは、社会人として当然のエチケットだと思うからです。そこを脱毛していなかったら、変な人と思われることになります。そのため、脇を綺麗に脱毛していることは、その人の人格もしっかりしていると捉えることができるとも感じています。
また、脇のむだ毛の処理を行う場合、自分で綺麗にできているのか不安になることがあります。そのため、その不安をなくすためにも、ほかの人にきちんと脱毛をしてもらうことが一番いいと思っています。そしてプロにしてもらうことによって、皮膚の手入れも入念にしてもらうことができるので、その意味でも肌に優しい脱毛となると思っています。
そう思うのは、私が脇の脱毛をした時に、少し傷つけてしまうことがあるからです。そしてその場合、傷ついたところが変色をしてしまったこともあります。そのことから、自分でむだ毛の処理を行うことは、限界があると感じているのです。

脇は人にそう見せるところではありませんが、その皮膚についても綺麗にむだ毛の処理ができていると、本当に素敵な女性と思うことができるので、その点でも脱毛を専門店で行うことが一番だと思います。

目立つ足のほくろ

私の足には親指のつめほどの大きなほくろが産まれた頃からずっとあって、そのほくろが小さい頃からずっとコンプレックスです。

ここ数年レギンスなども流行っているので、最近は足を隠す事も出来るのですが、そういったものが流行る前はずっと足を隠さなければいけないことがコンプレックスでした。

学生の頃は特に短パンを授業中にはかなくてはいけないので、絆創膏をはってごまかしたりもしていましたが、それでも思春期の女の子としてはずっと辛いものでした。

自分で言うのもなんですが、足の形は悪くないと思っていますし、友達からも褒めてもらえるのですが、そういったこともあって「足を出さないの?もったいないよ」と友達から言われる事も、とても辛かったです。

訳を話せず、いつも笑ってごまかしているので、いくつになっても私の足に対してのコンプレックスは消えないのだと実感させられてしまいます。

レーザー治療なども考えた事もありましたが、年齢も30代になってしまったので、今では逆にお金をかけてそこまでするほどのものかな?とも思ってしまいます。

子供も産まれて、自分のことにかけられるお金がなくなってしまったからだと思いますが、だからといって足に対するコンプレックスが消えた訳でもないので、ほくろを消しても消さなくても、悩みはつきなさそうだなと思います。

もう年齢的に遅いかもしれませんがいつか自分の足を思い切り出したくなったら、レーザー治療などもやってみたいとは思っています。

レーザー治療と言えば、脱毛も受けたいですね。≪埼玉レーザー脱毛

足のホクロだけでなく、毛深いといった事もコンプレックスなんです。

遺伝なのか、他の人よりも明らかに毛深いんです。自己処理したらどうにかはなるんですが、毎日自己処理するのも正直面倒くさいです。

それなので、いつかはレーザー脱毛で綺麗な肌になりたいですね。

結婚できるのか・・・

私の最近の悩み、それは彼氏の存在です。

付き合い始めて6年になるんですが、一向に結婚する気配もなく、彼は相変わらず自由気ままに過ごしています。

何度か結婚する気ないのか聞いたことあるんですが、その場の軽い返事で流されてしまいます。

このままだと一生結婚できない気がします。もう別れた方がいいの真剣に悩んでいます。