夫小遣いは7万より最近9万に増額。

夫小遣いは7万より最近9万に増額。都心通勤で管理職なので飲み代も1回に1万円はかかる(多めに出すので)、付き合いマージャンの負け(数万)等、足りなくて数万単位で補填することもしばしばです。

 

年に4回程度は帰省(東京→名古屋)、旅行などするので、そうするとプラス5万。

 

保険類は生命保険、学資保険などで、必要最低限額だと思います。

 

私の貯金は(大学卒業から34歳まで実家在住で勤めていた為)3000万ありますが、将来熟年離婚等も鑑みると(最近の喧嘩等でそこも意識せざるをえない)、使うのは不安、私の老後資金と考えたい。

 

また、現在の住まい(持ち家、ローン中)が2LDKであり、子供が一人増える為、3LDKへの引越しを考え中。

 

諸々支出予定ばかりが重なる中、夫の減給ということで、不安が増しています。
老後余裕を持って夫婦二人で生活するとしたら、いくらぐらい貯金が必要なのでしょうか?
子供2人はきちんと四年制大学までは出したいと思っていますが、私立の場合、入学金含めると、年間500万は最低でもかかるかと思います。
生活レベルにもよりますので、何とも言えませんね〜。
一般的には、現役時代の贅沢な生活に慣れてしまうと3000万ではキツイと思いますし、その他家のローンの有無とか、相続の有無とか色々なことが絡んできますからね。

 

もし不安なのでしたら、お子さんの教育費をシュミレーションしてみると良いですよ。
周りが習い事をしているからやらせなくてはいけないとも限りませんし、大学だって国公立という手もあります。私立でも文系なら年間500万は掛からないと思いますよ。

 

あと家ですが、まだローンも払い終わっていないのに買い替えるのはどうかなと思います。
お子さんも小さいうちは2LDKでも住めないことはないと思いますよ。

 

何もかもこうしなくては、ああしなくてはと考えず、お金を掛けないよう考えることも必要です。

 

まぁ独身時代の貯蓄があるようですので、心の余裕は違うとは思いますが、家庭の貯蓄は少ないですね。養育費があるから仕方ないのかもしれませんが・・・。

 

どうしても減収で苦しくなりそうなら、共働きを考えるべきだと思います。
既に生活レベルを上げてしまっているので、心して節約しないと難しいでしょうね。

 

我が家は結婚当初から、主人の年収が上がっても生活レベルを変えていません。
若い時にお金がないのは耐えられるのですが、老後お金がないのは耐えられないため、
計画的に貯蓄してきました。子供は私学ですが、慌てることなく過ごしています。

 

これからもっと貯蓄したいのならば、生活レベルをこれ以上上げない、共働きで収入を増やす、徹底して無駄な支出を省く、これに尽きると思います。

更新履歴