私の悩みの種

私が悩んでいること。

rainbow

お金がなくなる理由を考える

結婚して一年半ほどが経ち、現在妊娠中の主婦です。

今まで、講師をしながら空いた時間にフルタイムのアルバイトをして過ごしてきました。
妊娠したこともあり、つわりもひどかったので、フルタイムのアルバイトを辞めてから、夫の収入と私のささやかな収入のみになりました。

今まで夫の収入の半分ほどを貯金に回し、残りを毎月かかる電気代や水道代にあてていました。

それでも、週末になると一緒に出かけたり、外食をしたり、服を買ったりできるほどのお金はありました。

そんな暮らしをしていたのですが、今年に入り友人の結婚式や、車が壊れたり、とイレギュラーな出費が増えマイナスまではいかないものの、ギリギリの生活になってきました。

夫が田舎の方の出身という事もあり、夫の友人のほとんどが東京や大阪などの働き口が多いようなところに行っているため、結婚式のたびに莫大な出費があるのです。

友人が多い事、祝える友人がいることにはとても感謝していますし、尊敬していますが、さすがに嫌気が差してきました。

更に、そのようなタイミングで車が壊れたり、車の重量税が重なったりと、本当に厳しい生活になってきました。

月々している貯金を崩せば簡単な話なのですが、やはり性格上それはできなくて、困っています。
夫は、私を信頼して家のお金を任せてくれているので、軽くは話すのですが、お金の話をすると自分を追い込んでしまうのでどうしようもない状況です。

妊娠はしたものの、安定期に入り元気なのにバイトはできないという状態です。

そういえば、先週妹が私の様子を見に遊びに来てくれて、いろいろとおしゃべりしました。
地元の保育士をしていましたが、やっぱり東京への憧れがあり、東京で保育士をしたい、と悩みを打ち明けてくれました。
※同じ悩みを持っている方は⇒保育士求人 東京

東京では保育士不足だときいているので、働き口はすぐに見つかるだろうから頑張ってみたら!とアドバイスしました。大変な仕事ではありますが、夢があることが羨ましくて応援したくなりました。
でも、せっかくの話し相手がちょっと遠くに行ってしまうのは悲しいという気持ちもあります。

話は戻りますが、今は夫の給料日まで、どうやってお金を使わないかという方法を考えて、色々なものを我慢しているのですが、この精神がいつまで続くのか不安になります。
お金がなくなると余裕がなくなると言いますが、私の場合は先にどれくらいの収入があるのか考えているのでまだ頑張れています。
けど、先にも収入がなければどうなっていたかを考えるととても恐ろしいです。

これから夏に向けて、ボーナスが入るのでそれまでの節約方法をどんどん考えてもっと楽しい生活になるようにしたいです。

顔が小さくて細いのがコンプレックス

私は顔が小さくて細いんです。それがものすごくコンプレックスです。

今、これを読んだ人は、「嫌味なのか?」「どこが不満なんだよ。」と思われたことでしょう。
でも私は、今本当に心の底から悩んでいるんです。いや、悩んでいた。と言うほうが正しいですね。
どうしてそこまで悩んでいたのでしょうか。私の悩みっぷりをまとめました。

【スタイルがいい人とは】
人間は、バランスと言うものがありますよね。スタイルがいい人と言うのは、あなたならどういう人を想像しますか?
やはり女性ならメリハリのある体型を想像しませんか?ボン、キュッ、ボン まで行かなくても、ウエストが細かったりバランスがいい人を見ると
スタイルいいなぁと憧れますよね。
私の場合は、残念ながら、そのような経験はありませんでした。今まで一度も。

【私の悩みの正体とは】
私の体型は、とにかく全部同じなんです。そうです、メリハリのない体型なのです。私をつまむと鉛筆を持ってるみたい。とからかわれたこともあります。
もちろんその場は笑い飛ばしましたが、ふと考えると、鉛筆?とちょっとだけショック状態となりました。
そして、さらに問題の「頭」があります。私の顔はゆで卵と言われます。肌ではなく、形が。
鉛筆にゆで卵を乗せてみましょう。シルエットはどうなるでしょうか?
マッチ棒のように見えませんか?

そうです、マッチ棒。これが私のあだ名なのです。

【悔しい体験】
火をつけるとき、ライターが多く出回ってますけど、居酒屋とか多くのお店にはマッチ箱が置いてありましてね。
私が参加してるときに限って、その箱からマッチ棒を取り出し煙草に火をつける人がいるんですよ。
火をつけたその瞬間、友人の男となぜか目が合ってしまいましてね。
マッチ箱を手にした男は、なんて言ったと思います?
「●●が箱にいっぱい詰まってる」と言って爆笑したのです。
それを聞いたみんなも大爆笑で、私もなぜかつられて笑い転げてしまいました。

美容整形は細くなりたいという人だけが行くわけではありません。私はもうすこしカッチリした体系になるために美容整形をしようと思います。とは言ってもいくらくらいお金がかかるのか・・・
しかし、今の時代は医療ローンがありますもんね。
このコンプレックスとさよならできるならば何でもかまいません。

ゲーム三昧の夫にイライラ

私の夫は、きちんと仕事もしてくれるしお酒もタバコも女遊びもしませんが、365日ゲームばかりしているのでとてもイライラします。
新婚のときから、せっかくの2人揃った休日でも1日中ゲームをしているような人でした。
子供が生まれてからは、家事などは手伝ってくれるし、娘にとっても良きパパでありますが、相変わらずゲームをやめる気配はありません。
少しくらいなら私も趣味に対して文句を言いたくありませんが、休みの日は前日から徹夜状態でゲームをし、昼過ぎまで寝ていて起きたらまたゲームといった有様です。
1度我慢できなくなって、ゲーム機本体を投げつけて怒ったことがありましたが、1ヶ月ほどは大人しくしていたものの、またすぐにゲーム漬けの毎日に戻ってしまいました。
「そんなにゲームが好きならゲームと結婚したら?」と娘を連れて実家に帰ったこともありました。

するとさすがに悪かったと思ったのか、反省した夫が迎えにきて、ゲームすっかり片付けられていました。
やっとわかってくれたのね!と感動しましたが、今度はiPhoneのアプリにはまっているようで、スマートフォンを手から放さないようになりました。
こちらが話かけても目線はずっとスマートフォンに向いていて、これじゃあゲーム機が変わっただけじゃないかと本当にイライラします。

夫が休みの日にはいろいろと私ではできないことも手伝って欲しいんです。

今一番手伝ってほしいことは、先日ネットで安くてしかもお洒落な本棚を購入したんです。※本棚安い※おしゃれで人気の本棚を通販で買う場合。

その本もほぼ夫のもの。それを片付けしたくて手伝って欲しいのに・・・一人で大きな家具を動かすのは大変すぎるし、子供もいるのでそればっかりに掛かってはいられないんです。手伝って
友人に相談しても、家にいてお金も入れてくれているんだから文句言うなんて贅沢だと言われてしまいます。大きな子供のお世話をしているようで、頼りになる夫といった感じではまったくありません。
ゲーム以外に2人でやれる趣味を見つけようといろいろ誘ってみますが、断られるかやってもうわの空なのでつまらないです。離婚する気はありませんが、もう少し私たち家族にもゲームくらい関心をもってほしいです。

 

脱毛に通うために節約。

おはようございます。日々節約に追われている独身一人暮らしのものです!(^^)!

ずっとしたかった脱毛をミュゼでするために今必死に節約をしてお金を貯めています。ローンを組むことも考えたのですが、借金を作るよりも自分で貯めてから脱毛に行った方がなんか自分的に晴れ晴れしいといいますか、そんか感じになるだろうなって思って貯金をしています。

私の節約方法は自炊です。
日々の生活の中で電気代やガス代、水道代などは所帯を持った生活ですと節約にはなりますが、私のような一人暮らしですと、そんなに節約にはなりません。
そこで節約として出来るのが食費です。

食事としての選択肢は自炊と外食です。
私は外食は好きなのですが、デフレといいつつも最近の外食は一食500円から少し贅沢すると1000円以上掛かってしまいます。牛丼も安いのですが、並盛りだと満足できないのでついつい高額になってしまいます。
特に私の好きなラーメンですと1杯が800円程で少しトッピングをすると1000円以上掛かってくるのが難ですね。

そこで私は自炊をして節約をしています。
自炊の基本はお米を炊くことですね。お米を炊けば1食30円程になるので、そこに納豆やふりかけ、卵、レトルトのカレーで200円以内に抑えると、お腹がいっぱいになります。また、炊いたご飯は冷凍が出来ますので、多めに炊いてから、ラップで包んで冷凍をしていくと、手間も省けて、楽に食事が出来ますね。
また、パスタも節約れレシピですね。
最近では100円均一ショップで電子レンジでパスタを作れる入れ物が出ておりますので、それを使って、簡単に作っております。

ですが、逆に自炊でお金を使ってしまう場合もあります。それは買った食材を使い切らずに腐らせてしまうことです。つい、肉や野菜が安い時に買い込んでしまい、冷蔵庫の中に入れて忘れてしまうと、意外と忘れてしまいます。
それによって使えなくなった食材は無駄になってしまいますので、節約には程遠くなってしまいますので気をつけましょう。
最近では簡単に使えるものが増えておりますので、料理が苦手な人も簡単に自炊が出来るので、ぜひ試してください。

 

自分では気付かない後姿の無駄毛が他人は気になる

私自身毛深い方です。
スネ毛はスカートをはくと目立って困ります。

大体はT字型のかみそりでそっています。
タイツとか履く時期はさほど気になりませんが夏はやはり気になりますね。

剃ったあとの黒いプツプツが見えるんです。
他の人の剃り跡を見て結構気になるものだなと思いました。

階段をすぐ後ろから上っていた時、ふくらはぎのあたりがよく見えるんです。
男性が後ろにいたりすると見られているかもしれませんね。

脇も毛深いですがあまり脇の見える服は着ないようにしているので夏でも伸ばしっぱなしにしています。
プールに行く時だけ剃ります。

前腕部分も産毛がウサフサです。
なんとなくこの毛並みは気に入っているのでずっと処理しないままでした。

おしゃれな友達からはどうして指の毛を剃らないの?とよく言われていました。
でも気にしていませんでした。

10代、20代のころは夏に脱色とか薬剤で溶かす除毛をやってみたくて時々処理するくらいでいつもボーボー、フサフサでした。

今、46歳なのですがなぜか最近、腕のフサフサの毛が気になり、剃っています。

友人のお嬢さんでとてもかわいい20代の方がいるのですが髪の毛をポニーテールにされていて、その時、うなじの毛が渦巻いていて背中まで続いていたのを見てすごく残念に思いました。

後ろは自分では見えないし、ご本人も気にしていないのでしょうが他人から見ると目立つものですね。
背中の辺りまで見える服を着るならうなじから背中にかけての毛もきれいにしたらいいのに、と思いました。

そのお嬢さんを見てから私の気に入っていた腕毛もそんな風に思われているのかな、と思い始めたので夏の間だけですが剃っています。

どちらかと言えば、私の場合は、手や足にに浮き出る血管の方が気になってしまいますね。ムダ毛は最悪処理することが出来ますが、血管はどうする事も出来ませんからね。

http://xn--v8jc1h4eo47p0o8a70ur8wxgl.com/

血管が浮き出ていたら、なんか気持ち悪いし不健康そうに見えてしまいますよね。男性の血管は男らしくていいってイメージがありますが、女性はちょっと・・・ですね。

足にかく汗と脱毛

暑い暑い!!私はだいぶんの汗っかきで絶対にハンドタオルは必要。もうすでにクーラーガンガンで生活をしています。しかし、職場のクーラーの設定温度が高くてめちゃくちゃ暑い!!靴の中なんて蒸れて蒸れて・・・靴が臭い!!パンプスを履いているのですが、通気性が悪いためパンプスが臭い!!※臭いパンプス

絶対に人前はパンプスを脱ぐことはないですね(笑)仕事が終わったらそそくさと帰宅をして靴に消臭剤を入れて、すぐに風呂場にいって足を洗います。それが終わるとやっと落ち着く感じ。プライベートで遊びに行くときは絶対通気性のよいものしかこの時期ははかないようにしています。どこで靴を脱ぐことになるか分かりませんからね(^_-)

そしてもうひとつ。私が脱毛をしたいと思っているのは、やっぱり脇が一番だと思っています。
それは脇を脱毛することは、社会人として当然のエチケットだと思うからです。そこを脱毛していなかったら、変な人と思われることになります。そのため、脇を綺麗に脱毛していることは、その人の人格もしっかりしていると捉えることができるとも感じています。
また、脇のむだ毛の処理を行う場合、自分で綺麗にできているのか不安になることがあります。そのため、その不安をなくすためにも、ほかの人にきちんと脱毛をしてもらうことが一番いいと思っています。そしてプロにしてもらうことによって、皮膚の手入れも入念にしてもらうことができるので、その意味でも肌に優しい脱毛となると思っています。
そう思うのは、私が脇の脱毛をした時に、少し傷つけてしまうことがあるからです。そしてその場合、傷ついたところが変色をしてしまったこともあります。そのことから、自分でむだ毛の処理を行うことは、限界があると感じているのです。

脇は人にそう見せるところではありませんが、その皮膚についても綺麗にむだ毛の処理ができていると、本当に素敵な女性と思うことができるので、その点でも脱毛を専門店で行うことが一番だと思います。

目立つ足のほくろ

私の足には親指のつめほどの大きなほくろが産まれた頃からずっとあって、そのほくろが小さい頃からずっとコンプレックスです。

ここ数年レギンスなども流行っているので、最近は足を隠す事も出来るのですが、そういったものが流行る前はずっと足を隠さなければいけないことがコンプレックスでした。

学生の頃は特に短パンを授業中にはかなくてはいけないので、絆創膏をはってごまかしたりもしていましたが、それでも思春期の女の子としてはずっと辛いものでした。

自分で言うのもなんですが、足の形は悪くないと思っていますし、友達からも褒めてもらえるのですが、そういったこともあって「足を出さないの?もったいないよ」と友達から言われる事も、とても辛かったです。

訳を話せず、いつも笑ってごまかしているので、いくつになっても私の足に対してのコンプレックスは消えないのだと実感させられてしまいます。

レーザー治療なども考えた事もありましたが、年齢も30代になってしまったので、今では逆にお金をかけてそこまでするほどのものかな?とも思ってしまいます。

子供も産まれて、自分のことにかけられるお金がなくなってしまったからだと思いますが、だからといって足に対するコンプレックスが消えた訳でもないので、ほくろを消しても消さなくても、悩みはつきなさそうだなと思います。

もう年齢的に遅いかもしれませんがいつか自分の足を思い切り出したくなったら、レーザー治療などもやってみたいとは思っています。

レーザー治療と言えば、脱毛も受けたいですね。≪埼玉レーザー脱毛

足のホクロだけでなく、毛深いといった事もコンプレックスなんです。

遺伝なのか、他の人よりも明らかに毛深いんです。自己処理したらどうにかはなるんですが、毎日自己処理するのも正直面倒くさいです。

それなので、いつかはレーザー脱毛で綺麗な肌になりたいですね。

結婚できるのか・・・

私の最近の悩み、それは彼氏の存在です。

付き合い始めて6年になるんですが、一向に結婚する気配もなく、彼は相変わらず自由気ままに過ごしています。

何度か結婚する気ないのか聞いたことあるんですが、その場の軽い返事で流されてしまいます。

このままだと一生結婚できない気がします。もう別れた方がいいの真剣に悩んでいます。